太陽光発電は業者選びが重要ですね

なにせソーラーパネルは国内の一流メーカーが製造していますから性能や品質で心配する事はありません。これから導入する方にとって最も重要なポイントが業者選びといえます。

業者選びに失敗すると、不当に高額な金額を請求されたり、購入後のアフターサポート無しで倒産したり、といった事も非常に多く見られます。(生活センターからも太陽光発電の設置では業者選定を重要項目に挙げています)

太陽光発電の業者選びのコツ

住んでる地域の地元の業者から選ぶこと

→地元の安心感、何か不具合があった場合に緊急で駆けつけてくれるメリット
→補助金とも関係してきます。自治体によっては市内業者を使って工事をしないと補助金が満額出ないケースがあります

施工実績を確認すること

→これまでの施工数をチェックして問題ないことを確認する(ネットを使って業者のホームページなどで見る)
→店舗に足を運んで実際に業者の信頼を見る、その業者自体が太陽光発電を導入しているかを見る

見積りを依頼するときは複数に依頼

→生活センターからも指示が出ています。業者に見積もりを依頼するときは最低3社に依頼しておきましょう。太陽光発電は高額なお買い物となるため、相見積もりをかけて「金額の妥当性」「保証の妥当性」「自宅屋根に合ったパネルの提案」を確認される事をおすすめします。

ネット上で簡単に自宅周辺の業者から相見積もりが取れるサービスがあるので活用されると良いでしょう。(タイナビ等)

最終的には現地視察の依頼を出しましょう

太陽光発電のパネル選びとも関係しますが、自宅の屋根に乗せることになりますから、屋根の様子や周辺障害物の様子を現地確認してもらいます。その上で発電量シミュレーションを取っておく事をおすすめします。

あなたがお住いの地域、あなたの家の屋根で年間発電量がどれぐらい見込めるのか、電気代の節約と売電によってどれだけ儲かるかを見せてもらう事も重要です。

太陽光発電の業者選びでNGな例

私も見積りを取得した事がありますが、以下の2業者についてはあまりおすすめしません。

  • 訪問販売業者
  • 大手家電量販店、電器店、ホームセンター
訪問販売業者は営業マンの人件費が高いため販売コストに上乗せされており、他店で買うよりもトータル的な金額が高くなるケースが多いです。さらに実店鋪を見られないので信頼感が無い事も挙げられます。営業マンはかなり人柄は良いでしょうし、言葉巧みに購入を進めてくるかもしれませんので気をつけたいところですね。

大手家電量販店、電器店、ホームセンターは単なる取次であるケースがあるのでそこをチェックしてみてください。販売の窓口になっているだけで実際の太陽光発電の工事取り付けは外部に委託をしています。この場合も直接業者に依頼するよりも高額となります。マージンを量販店側で抜いてるからです。(ただ信頼感と安心感は大きいでしょう。取引は大手量販店とのみ行うからです。)

このページの先頭へ